フェイスブック|仮想通貨・リブラのホワイトペーパー公開から1ヶ月
フェイスブックが6月18日、仮想通貨・リブラのホワイトペーパーを公開してからおよそ1ヶ月。その発表は世界から物議を醸し、米国では上下院で公聴会が開催され、G7財務相・中央銀行総裁会議でも議論された。これまでの重要な動きをまとめた。

   

仮想通貨リブラ 正式発表から1ヶ月を振り返る

フェイスブックは仮想通貨・リブラのホワイトペーパー(事業計画書)を6月18日に公開した。それからおよそ1ヶ月。

リブラの計画は各国の政府や規制当局だけでなく、多くの関係者や金融機関からの反響は大きく、さまざまな議論が展開されている。米国では7月17日と18日、上下院でフェイスブックの担当者を招致した公聴会が開催され、パリで開催されたG7財務相・中央銀行総裁会議でも主要なテーマの一つとして議論された。

フェイスブックでは、当初は2020年上半期のローンチを予定するとしていたが、現時点では明確な道筋は見えていない。

これまでの動きをまとめた。

◇仮想通貨・リブラ、発表から1ヶ月の出来事

6月18日 スイス ホワイトペーパーを公開。有名企業が参加、ローンチ予定は2020年上半期
6月19日 米国 金融サービス委員会理事、リブラ開発の一時中止を要求
6月19日 フランス 「本来、政府が行うもの」仏財務省が不安視
6月19日 英国 「リブラは、最高水準の規制を遵守する必要性がある」英中銀総裁
6月20日 米国 FRBパウエル議長「仮想通貨リブラは潜在的利点とリスク両方持つ」
6月20日 ロシア 下院金融市場委員会、「リブラの合法化の可能性は低い」
6月20日 日本 日銀の黒田総裁、リブラに言及
6月21日 米国 金融サービス委員会理事が再び難色。「銀行のようなものを作ることは許容できない」
6月28日 ザッカーバーグ氏が仮想通貨プロジェクトに言及、「リブラ協会は100社を目指す」
7月2日 ロシア 財務省、売買は禁止せず
7月3日 米国 30以上の政治・市民団体・5名の議員、中止を求める声明
7月4日
リブラに関するフェイスブックへの信頼は不要、規制当局に幹部が回答
7月8日 欧州 ECB、迅速なアクションの必要性を指摘、禁止以外の方向性模索
7月9日 韓国 規制当局、リブラによる経済不安定化を危惧
7月12日 米国 トランプ大統領、ビットコインとリブラを痛烈批判
7月16日 英国 英財務相、「阻止しようとはしない」
7月17日 米国 上院公聴会。データプライバシーの取り扱いへの強烈な不信感
7月18日 米国 米下院公聴会。中央集権制と市場支配への懸念の声
7月18日 G7 規制で早急な対応が必要との見解で一致

CoinPostの注目記事

「ミスリードになり得る」イーサリアム共同設立者、リブラの中央集権性を懸念
イーサリアム共同設立者のAlisie氏が、フェイスブックの仮想通貨「リブラ」の中央集権性に懸念を示す。規制当局のミスリードのもと、承認を試みているのではないかとの指摘も。
米トランプ大統領、仮想通貨ビットコイン(BTC)とフェイスブックのリブラを痛烈批判
トランプ大統領が仮想通貨ビットコインとフェイスブック主導のリブラに対してTwitter上で批判した。規制面の問題に加え、麻薬取引など違法行為を助長するとして懸念を表明、米ドルだけが”本物の通貨”だとした。

引用元:Coin Post

 Ledger NanoS  日本正規代理店