世界最大のマイニング会社BitmainもKYCシステム導入へ|業界の健全化が一歩前進

BitmainもKYC導入へ

世界最大のビットコインマインングとASICチップ開発会社であるBitmain社は、これまでなかった顧客確認=Know Your Customer(KYC)の導入を発表した。

これにより、ビットメイン社のマイニングマシーン等の購入時には、KYCが必須条件となった。

ビットコインマイニング会社は、プラットフォーム上で提供されるマイニングマシーンを使用するには、すべての顧客が完全なKYCが必要となると述べている。

なお、同社がKYCを導入した理由は、法令遵守とのことであり、BitMain社は、全顧客にKYCに関するメールを送っています。

Bitmain社は、KYCの手続きを”できるだけ早く”完了するように求めており、KYCを完了しない顧客は、サイトによってブロックされるか、購入を制限されます。

顧客は、名前、住所、身分証明書の種類、国民識別番号
などの個人情報をプラットフォームのポータルサイトに提出する必要があり、サイト自体の公開は、2018年8月24日00:00 UTCとなる予定だ。

Bitmain社は、今回提出され、集められた情報は顧客の許可なく、”権限のない第三者”には共有されないと付け加えています。

しかし、政府によって要求があった場合は共有されると述べている。

さらに、”認証のための購入制限”を設けています。

身分証明書情報の未提出またはKYC認証中の最大購入限度額

  • 国内ウェブサイト:30万円
  • 英語版ウェブサイト:0円

KYC認証が完了し承認された場合の最大購入限度額

  • 国内ウェブサイト:無制限
  • 英語版ウェブサイト:無制限

KYC認証が完了し、不承認の場合の最大購入限度額

  • 国内ウェブサイト:0
  • 英語版ウェブサイト:0

WhalePandaというツイッター上のインフルエンサーが以下のようにTwitter上にコメントしている。

IPOか政府の規制に関係しているか分からないが、このタイミングは興味深い。見た限り、顧客に証書を発行し、インセンティブを与えてまで、KYCを徹底するのは今までの記録をきれいにしたいことだろう

そして、Michaelというツイッターの住人は、以下のように面白半分で言っている。

近いうち、僕は古いS9を買うには、網膜とDNA認証を提供しないといけなくなるかもしれない

退役海軍Dominic Ratelle氏は、

今Bitmainからメールが届いて、KYC/AMLを行うと。これからプライバシーを守るために、セカンドマーケットで買わなくては。。。

Bitcoin [BTC] mining company, Bitmain introduces mandatory KYC

August 24, 2018 By Priya


参考記事はこちらから

引用元:Coin Post

 Ledger NanoS  日本正規代理店