以前は強気だったVC創設者Pompliano氏:「ビットコイン最高値更新は5年先」
仮想通貨ビットコイン価格の将来
ここ数週間の中で、複数のテクニカル指標や、専門家たちが仮想通貨価格における下落トレンドの転換を示唆し、市場の盛り返しが期待されてきた。
しかし以前ビットコインに対して強気だったベンチャーキャピタルファンドの創設者Pompliano氏が一転してビットコインのさらなる下落を予想した。

ビットコイン価格の動き

ビットコイン価格は、2018年に入ってから下落を続けていますが、ここ最近になって、特定の資産のトレンド転換を検知するGTI VERA Convergence Divergence指標など、複数のテクニカル指標が、ビットコイン市場の過剰売りなどを検知し、下落トレンドの転換点に差し掛かっていることを示唆していました。

さらに、株式や仮想通貨などの取引プラットフォームを運営するeToroのCEOを務めるYoni Assia氏が、ビットコイン価格の下落によって、需要が大きく低下しているわけではないと主張、そして、既存、新規投資家が参入してきていることも明らかにし、中長期的な仮想通貨市場の高まりを示唆しました。

そんな中、ベンチャーキャピタルMorgan Creek Digital Assetsの創設者Anthony Pompliano氏(以下、Pompliano氏)は、短中期的にビットコイン価格がさらなる下落に見舞われるのではないかと予想しました。

彼は、Pompのニックネームで知られる自身のTwitterアカウント(@APompliano)で、以下のように言及しています。

最終的なデータのアウトプットを考慮した結果、芳しくない結論にたどり着いた。

最も注目すべきは、ビットコインが10,000ドル(約110万円)に回復する前に、一度3,000ドル(約33万円)にまで落ち込むという結果である。

もし、この結果が正しい場合、ビットコインは現時点の価格からさらに約50%もの値下がりを記録することになる。

そして、これが実現すれば、非常に不愉快な市場になるだろう。

https://platform.twitter.com/widgets.js

Pompliano氏は、過去のビットコイン価格の最高値更新のデータを用いて以下のように説明しました。

過去最高値から新たな最高値更新の過程によって形成される放物線は、毎度その更新に要する期間が長くなっている。

最初の急激な価格の高まりは、2010年から2011年の300日間にかけて形成され、2回目は2011年から2013年の900日間で形成された。

そして、20,000ドル(約220万円)に迫る勢いだった2013年から2017年の最新の放物線形成では、その完了までに1,500日もの期間がかかっている。

過去のパフォーマンスは、未来を確実に予見できるものではないものの、このデータを考慮した場合、ビットコイン価格が次なる過去最高値を更新するまでには、2,000日以上の日数が必要であるとされ、その実現は2023年の中盤なのではないかと考えられています。

弱気相場の観点から見ると、弱気相場は、2011年には160日間続き、2013年から2014年にかけては400日間続いており、その傾向から分析すると今回の弱気相場は650日ほど続くのではないかと予想されました。

もし、この予想が的中した場合、他の多くの専門家が予想した結果とは異なり、今回の弱気相場が2019年後半まで続くことになり、投資家にとって苦しい時期が続く事が危惧されます。

ビットコインETFが否認化され、市場がパッとしない状況は今後も続くのでしょうか。

引用元:Coin Post

 Ledger NanoS  日本正規代理店