注目すべき仮想通貨Vechain(VEN):中国大手保険会社PICCと提携を発表
VeChainが中国最大手の保険グループPICCと提携
VeChainはPICCと業務提携し、ブロックチェーンを用いて書類の削減や遺産請求管理の改善を行う予定。
世界に広がるVeChain
PICCやPWCなど様々な先進的企業とVeChainが業務提携し、あらゆるビジネスに解決策を提案している。今後のVeChainの動向に注目が集まる。

VeChainとは

Vechainは「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の「真贋(しんがん)選定」を行うことができる仮想通貨です。中国発のプラットフォームです。

CoinPost:仮想通貨用語集

VeChain:中国最大手の保険グループPICCと提携

総資産額およそ13兆円で中国最大手の保険会社、人民保険集団(PICC)はブロックチェーンプラットフォームVeChainと品質保証、リスクマネジメントを扱うのDNV GL社と業務提携をします。

PICCはバイク保険や商業用物件用保険、自家所有者用保険、貨物・運送の保険、責任保険、傷害保険、短期の健康保険、船舶海上保険、農業保険、信用保険、保証保険など扱っており上海に拠点を置いています。

VeChainは実社会でのパブリックブロックチェーンVeChainThorや仮想通貨VETのユースケースを広めるため、
協力関係を強めていく意向です。

またPICCとの業務提携により、VeChainの技術による大量の書類の削減や、遺産請求管理の改善を行う予定です。

保険契約者の契約査定にはデータ収集管理や、確認、会計検査などを管理すると記述されていますが、これらの過程で保険金などの詐欺的請求が起こりがちです。
また非効率なデータマネジメントやデータ処理は、無駄や高いコストがかかり、それが原因で保険金の高額化を招いてしまいます。

そこでPICCはブロックチェーン技術を用いることによる透明性向上や保険料の削減、詐欺防止などの効果を期待しています。

同社は声明で、以下のように発言しています。

保険の分野において、高度なIoTデバイスやスマートコントラクトが現実化すると、より有益なビジネスモデルが確立され利益がもたらされる。

PICCはDNV GLとの業務提携により、既に運用されている製品があることから、VeChainをプラットフォームとして選択しました。VeChainとDNV GLはすでに医療標準の発展や、ワクチンのトレーサビリティの向上に取り組んでいます。
また、企業や政府向けのエンタープライズ・アプリケーションとの統合にも取り組んでいます。

DNV GLはPICCのVeChainプラットフォーム利用に際して、独立した第三者保険会社として協力していくことになっています。

VeChainのパートナーシップ

VeChainは、PICCをはじめ様々な企業などとの業務提携を進めています。
下記にそれらをリストアップしました。

  • PWCー会計監査およびコンサルティングを提供するロンドンを本拠地とする企業で、2017年3月にPwC ChinaとPwC Singaporeとの業務提携を開始しました。
  • Kuehne&Nagelーサプライチェーンとコントラクトロジスティックなど扱う物流企業で本社はスイスにあります。同社はVeChainに対して顧客が船積小包を追跡可能にする要望をし、サプライチェーンにおける透明性の向上を図っています。
  • 中国のタバコ産業ー中国は世界で消費されるタバコの30%を消費するタバコ大国ですが、中国では偽のタバコが横行しており、それをブロックチェーンの技術を用いて解決しようと構想されています。
  • BitOceanー仮想通貨交換業などの金融サービスを提供する日本企業で、同社とVeChainは厳しいコンプライスや法律に悩まされているなど共通の課題があり、協力関係を結ぶことにより流動性向上やVeChainの技術に基づく解決策の利用ができ、また同社がVeChainと実社会との結びつきを深めることを狙っています。
  • FanghuwangークラウドシステムやAI、ビッグデータといった新しい技術を用い、中小企業向けの不動産などを担保としたローンなどの金融サービスを提供しています。VeChainは顧客データ収集システムやデータの質向上や、新たなデータ取得、利用のコスト削減するためのデータのシェアビリティの改善に努めます。

VeChainの今後

上記に挙げた通り、VeChainはさまざまな分野でそのユースケースを示しており、よくブロックチェーンのユースケースとして挙げられるサプライチェーン以外の分野でも応用されています。先進的な有名企業がVeChainと協力関係を結び信頼を得ている点から、ブロックチェーンの潜在性が高いだけでなく、VeChainが企業の必要とするソリューションを提供していることが示されています

上記のリストはVeChainの提携先の全てではありませんが、上記のリストから広範囲の分野に応用されていることが見て取れます。今後、VeChainがどのように社会やビジネスのあらゆる問題に対して解決策を示し、運用されていくのか目が離せません。

CoinPostの関連記事

VeChain:NTTドコモの5Gオープンパートナープログラム

 VeChain財団は8月6…

2018-08-18 17:59

引用元:Coin Post

 Ledger NanoS  日本正規代理店

コメントを残す