速報|ゴールドマンサックス社CFO、仮想通貨取引デスク中止の報道は「フェイクニュース」

日本時間5日夜から続いたビットコイン暴落の要因の一つとなったゴールドマンサックス社の仮想通貨規制の不透明さなどを理由とする、取引デスクの設立計画を一時白紙に戻す報道に関して、同社CFOがフェイクニュースであると言及した。

ゴールドマンサックス関連報道にCFOが言及

米CNBCのサンフランシスコ支部長Sally Shinの公式ツイッターによると、ゴールドマンサックス(GS社)の最高財務責任者を務めるMartin Chavez氏は、サンフランシスコで開かれたTechCrunchのカンファレンスで、昨日各メディアに報道された「ビットコイン取引デスク開設計画の中止」について、

「メディアに常に報道されるのはありがたいが、残念ながら今回報道された噂話は『フェイクニュース』に過ぎない」

と明示、CNBCの記事内でも合わせて報道
しました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

この発言に続き以下のように語っています。

「デジタルアセット分野を探索するといったこと自体、時間につれ変化していくものだ。おそらく誰かが我々は現物ビットコインを主要マーケットにするとの過剰反応して、結局予想が外れただろう。。。ビットコインを通貨と捉える人が多いが、実際コモディティの性質を多く有していると言えるだろう」

https://platform.twitter.com/widgets.js

また、CNBCの報道によると、視野に入れていたものの、Chavez氏はそもそもビットコイン取引デスクの開設を計画に組み込んでいなかったと明かしたようです。

出典:CNBC

CoinPostの関連記事

2018-09-06 07:54
上昇傾向にあったビットコイン価格が突如大暴落し、仮想通貨市場で投資家の混乱を招いている。下落を示唆する”予兆”がなかったか、データサイエンティストと市場アナリストチームの合同リサーチで浮かび上がった異常な動きとは。

引用元:Coin Post

 Ledger NanoS  日本正規代理店