SBIの仮想通貨取引所がロゴを変更
SBI VC トレードのツイッターロゴが、準備中から新ロゴに変更された。板取引の開始予定日時が7月であることも併せて、本オープンへの期待感が高まっている。

SBI VC トレード

SBI VC トレード株式会社が、仮想通貨取引所「SBI VC トレード」のロゴを変更、海外を含め大きな反響を得ている。

取引所ホームページ上では、今月はじめに新ロゴへの変更が行われていたが、新たにツイッターアカウントの変更が行われた。同社ツイッターのロゴは、これまで準備中との文字が書かれたロゴを使用していたが、正式に変更された。

SBI VC トレードでは、投資家が多く利用する取引所形式の板取引に関して、各種規制へ対応や安全性強化のためのプライベートクラウドの導入を理由に開始予定時期を3月から7月に延期している状況にあるが、当月が7月にあたることから、ロゴ変更に伴う取引所形式の本オープンへの期待感が高まっている。

SBI VC トレードの板取引は、米大手証券取引所のNASDAQが提供する取引システム(マッチングシステム)の利用を予定している。

なお、同社は7月1日よりSBI バーチャル・カレンシーズ株式会社からSBI VC トレード株式会社へ社名の変更を行なっている。

補足

3月期の決算発表会で、板取引開始の日程変更とともに公開された新規取扱銘柄の3つの基準も併せて紹介する。

  • 原則、時価総額5000億円以上(51%攻撃リスクの回避のため)
  • 不健全なハードフォーク見通しがないこと
  • 流動性、安全性、収益性

SBI決算説明会の内容はこちらから

マネータップは米リップル社の出資受入検討、法改正後に大きく動く仮想通貨ファンド事業とは|SBI決算説明会
SBI代表の北尾氏は、今夏に本格始動予定のSBIVCや新役員になった米リップル社およびXRPの展望のほか、法改正後にSBI証券などで検討する「STO」を通じた大規模資金調達や仮想通貨ファンド事業についても説明した。

引用元:Coin Post

 Ledger NanoS  日本正規代理店