こんにちは!

沙耶です💛

 

仮想通貨取引は

今が最高のチャンスだと思います。

 

 

わたしが仮想通貨に参入したのが、今年の正月明けでしたから、

どの通貨も一番高い時に参入しました。

しかし、今はすべての通貨の価格が下がっております(´;ω;`)ウゥゥ

逆に、裏を返せば、

今が仕込み時だと思ってます

主要5通貨 正月明けのピーク時と現在(4/7)

◇ ビットコイン 230万円⇒70万円台

◇ イーサリアム 18万円台⇒4万円台

◇ リップル 400円⇒50円台

◇ ビットコインキャッシュ 50万円台⇒6万台

◇ ライトコイン 4万円台⇒1万2千円台

開発段階から実装段階へ

今はそのちょうど、通貨が本格的に使われる実験段階なので、

谷の部分に当たると思っております。

なので、企業・機関投資家・大口・個人が様子見状態であるといえると思います。

通貨が実用的に使われる様になれば、資金が仮想通貨に流入してくると思います

謂わば、きっかけ次第だと思います💛

現時点で話が進んでいる通貨はリップルです。

〔出資大手企業〕google・SBIホールディングス・Seagate

〔提携先〕三井住友銀行・みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行から地方銀行まで及んでいます。

リップルとは

簡単に言えば、今までは銀行を介して、企業や個人がお金を送金していたのですが、

それを銀行を介さないで、企業や個人が直接の取引をする通貨として開発されました。

したがって、莫大な手数料と時間が掛かる海外送金に効力を発揮します。

今が仕込み時

現在は大手企業がこぞって仮想通貨市場に参入して来ているという現状です。

 

日本では、NTT・楽天・リクルート・・・

海外では、google・アップル・マイクロソフト・・・

大手証券会社では、JPモルガン・ゴールドマンサックス

軒並み参入してきており、今後、その勢いは加速すると思います。

 

では、なぜ、大手企業が仮想通貨に参入すると好影響を与えるのかというと、

仮想通貨の最大の弱点であるセキュリティ問題が挙げられると思います。

そこに、大手企業が参入すれば、これまでに蓄積されたセキュリティ対策が

仮想通貨市場に対しての追い風になるからです。

そうなれば、いままで、仮想通貨に対してあまりよく思っていない人たちの

イメージがよくなってくると思っています。

 

仮想通貨の市場に出ている時価総額は1月のピーク時ではおよそ90兆円ありましたが、

現在(4/7)では27兆6000億円くらいまで落ち込んでおります。

これは、アメリカ企業トップのアップル社の時価総額90兆円の1/3も満たない金額です。

このような視点から鑑みても今は安すぎると感じています。

 

おススメの取引所

画像タイトルや代替えテキスト

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

国内最大の資本金と取引量があり、いち早くセキュリティー対策のマルチシグネチャウを導入した企業です。また、顧客の資産の補償も充実している信頼できる取引所です。

 

画像タイトルや代替えテキスト



 

GMO証券ですでに実績をあげており、仮想通貨FXのレバレッジが5倍。また、スマホ対応の『ビットレ君』はFX取引にも適していて、とても使いやすいと評判です。

 

画像タイトルや代替えテキスト

 

ビットコインの現物取引手数料がマイナス0.01%です!ビットコインを現物取引して手数料が貰えるユニークな取引手数料が安い取引所です。

ハードウォレットで安全に管理

〔ハッキングなどの外部から侵入を完全にシャットアウト!〕

安全対策として

パソコンで管理している以上、絶対に安全ではありません。

外部からウィルスなどの攻撃を受けたりして、資産を失ってしまう可能性があります。

安全に資産を守るには、パソコンから切り離して、ハードウォレット(コールドウォレット)にコインを保管することだと思います。

それでは、ハードウォレットを紹介します❗

👍Ledger NanoS 暗号通貨ハードウェアウォレットです〔正規品〕

 Ledger NanoS  日本正規代理店

Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、 イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、 数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。 堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。 Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。 有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、 暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。 株式会社Earthshipは仏Ledger社と正規代理店契約を結んでいます。

まとめ

現在は仮想通貨市場は、実験段階で本格稼働する時期であると思います。

これに、大手企業が参入を表明してこれまでの技術と仮想通貨の新しいテクノロジーが融合して

新しいビジネスとなる段階と捉えています。

今は、相場は冷え込んでいますが、水面下では開発が進んでいると思います。

なので、今が仮想通貨を、

これからはじめるには最高のタイミングだと思いました。

わたしは高値掴みとコインチェックでハッキングで資産が1/3になってしまいました。

仮想通貨市場を観てきた率直な感想です💛

参考にしてい頂けたら光栄です